エイケーに店舗デザインを依頼しました

どうやって他のお店と差別化するのかがポイント

エイケー 店舗デザイン店舗デザイン会社【東京】5選!

思い切って新しく一新どうやって他のお店と差別化するのかがポイントラウンジをイメージしたようなエントランス

有名店が多くあるので、どうやって他のお店と差別化するのかがポイントでした。
エイケーに相談すると周辺エリアの雰囲気や、どんなクライアント層が利用しているかなど、打ち合わせでいろいろと相談することができたので良かったです。
店舗デザインはもちろん、顧客満足度の向上なども考慮してくれ、クライアントの居心地が良かったり、スタッフが動きやすいような機能性も追求してくれました。
以前の店舗のレイアウトをそのまま使用する居抜きのケースが多いそうですが、デザインの自由度について限られてしまうケースが多いので、レイアウトについて最初から考えることになりました。
法律などの制限や敷地などの規制によって、内装に関する改修工事に何かしら制限があることもあるので、店舗デザインを打ち合わせしながらできることと、できないことを仕分けしながら相談できてよかったです。
中小規模などの限られた空間において、どのような工夫を盛り込むことができるかが知恵の絞りになりました。
特に知恵をしぼったのがデントランスで、おしゃれな感じがするよう工夫してみました。
お客が店に入ってすぐにテーブルが見えた方が良いかは、集客方法などと連動しながら好みが別れることがあります。
海外からの顧客が増えたことによって、昼食時になると店の前で待っている人もいたので、少し広めにとることにしました。

「パティスリー GIN NO MORI」のArt directionをさせていただいています。

ブランドコンセプト、店舗デザイン、ロゴ、パッケージなど作らせていただきました。

2年半前、クライアントさんと合宿をご一緒し、悩むところからはじまり、丁寧に育ててきた大切なブランドです。
pic.twitter.com/R9P0EEjWzF

— くぼたえみ (@eee_mmm_iii) 2019年11月14日